ブームで品薄が続くウィスキー|ウイスキーが蒸留所の樽で眠るあいだに

ここ数年、ジャパニーズウイスキーの人気が高い。国際的な評価を得たことやインバウンド需要もあって、とくに「山崎」「白州」「響」「竹鶴」「富士山麓」といったラベルが漢字表記の高級ウイスキーは品薄状態が続いている。


ウイスキーは製造から出荷までの期間がとても長い。足りなくなったからと急いで増産しても、それが商品になるまでには長い年月を要する。

面白いドラマ型ラジオCM イマジネーションをくすぐる20秒の世界

ドラマ型ラジオCMが面白い

人間の五感のうち、約10%は聴覚が占めるといわれている。この聴覚に訴えるメディアが「ラジオ」だ。ラジオはテレビや動画と違い、視覚を奪われないので「車を運転しながら」「作業をしながら」「料理をしながら」聴いてもらえるので「ながらメディア」とも呼ばれている。

パーソナリティーのおしゃべりや音楽、エリア情報といったコンテンツもいいが、ラジオから流れてくるCM、中でもドラマ型CMが面白い。

人気店になったカフェ、取材で気づいた繁盛店の秘密

異業種からの参入で人気店になったカフェ


数々の飲食店を取材をしてきて「なるほど」と思った繁盛店がいくつかある。
そのカフェの店主は、それまで小さな印刷会社を2代目として経営されていたが、時代の流れにより会社を畳むことになった。しかしビルの立地が抜群だった。商業地域で路面の一階、天満宮や観光施設のすぐ近くと恵まれていたこともあり、検討の末、カフェに業態転換をすることにした。印刷業という異業種で飲食店の経験もなく、まったくの素人だったので「何か武器を持たないと…」と考えて「名物を作ろう」と思い至った。


朝ドラ「なつぞら」の受け身すぎるヒロイン・なつをいたぶってみる 

主役は自力で試練を乗り越えてこそ


ヒロイン(heroine=女性の主役)は試練の連続なのに、朝ドラ「なつぞら」の主役・なつを観ていると、高校生活あたりから、シナリオが物足りない。あまりにも受け身すぎる。本人が努力で切り開く、というより、降ってわいたような、ラッキーなシーンが多すぎる。


なか「なっちゃん、もう一度、動画の試験を受けてみないか?」
なつ「本当ですか! ぜひお願いします!」