子どもの習い事が上達するコツ、最高のエンジンは?

公共施設にあるスタジオの一室で、
子供たちがダンスを教わっていた。
小学生になったばかりぐらいだろうか、
音楽に合わせて、跳んだり、くるくる回ったり。

「ダンス」にはとても見えないが、楽しそうだなぁ…と
微笑ましくガラス越しに眺めていると
終了時間がきて、スタジオの扉が開いた。

そのとたん、ひとりのお母さんが鼻息荒く走り寄り、
男の子をバシバシたたきだした。

「あなただけ、どうして下手なの!」と怒りながら。
男の子はキョトンと、何が起こったのかわからない顔。

「〇〇ちゃんみたいに上手じゃない」
「ママは恥ずかしい」と
怒りの言葉を一方的に浴びせられて
だんだん泣き顔に崩れていき、
引きずられるように帰っていった。

ああ、あの子はきっと、
踊ることなんて嫌いになってしまうだろう。
あんなにうれしそうに飛び跳ねて、
全身で音楽を表現してたわが子の姿が
お母さんには、見えていないのだ。

習い事は、遊びの延長で始める方がいい。
「やってて楽しい」は、
上達するための最強のエンジンになる。
そこに「上手くなりたい」という向上心と、
いい先生との出会いがあれば、伸びていく。
習得にかかる時間は、人それぞれだけれど。

大人だって「イヤなことをさせらる」のは苦痛だし、
楽しくやっているのに怒られたら、かなりつらい。
「とても楽しいのに一向に上達しない」場合、
「その分野に向いた身体ではない」のかもしれない。
すべての分野で一流なんて人は滅多にいないし、
人にはそれぞれ、もって生まれた個体差があるのだ。

ヨーロッパの国だったか、教育レベルが高い家庭では
子どもの骨がやわらかいうちに、
あらゆる分野の習い事を片っ端から順番に習わせるそうだ。
バレエ、水泳、球技、陸上、体操、ダンス、
ピアノにヴァイオリンに管楽器に絵画…
その子に向いていない様子ならやめさせて、
ほかの分野を試させる。

「子の特性を見つけて」「向いた分野を探し」
「育つ環境を整える」ことが教育だという。

あのお母さんはそもそも
ダンスをしない人なのだ。
国を代表する選手に育てるとか、
プロの音楽家にするのなら別だけれど、
親が楽しさを伝えられない、見せてもいない世界に
お金を払って習わせるから上手くやれ、とは、
高望みしすぎな気もする。

色々と考えてしまった、ジムの待ち時間だった。