「熟女」っていくつだ???

何の雑誌だったか、作家の松久淳さんがコラムに書いてましたが
AVの世界では、25歳を過ぎると「熟女」と呼ばれるそうな。

へー、ほー、ふーん…と、調べてみたら、
熟女は「熟年」の派生語で、
「熟年」とは「50歳前後の中年以降」。

「熟年離婚」の定義は「結婚して20年以上暮らした夫婦の離婚」。

いずれも1970年代に生まれた俗語なので、ゆるい定義ですが、
では熟女って、いったいいくつぐらいの感覚かというと
一般的には「40~50歳ぐらい」。
ちなみに「中年」は青年→壮年の次にくる言葉で
40歳前後から60歳前後を指すらしい。

でも、25歳で熟女とは…。
コラムを書いた作家さんは男性で、
「熟女と言われても、自分から遠すぎて
リアリティがわかない」云々と書かれていました。

そういえば、昔、大阪の天六にあった
ストリップ劇場を取材したとき、
オーナーのママさんは40代でも美しくて、
現役で舞台に立たれていました。

結論として、いくつが熟女と思うかというと、
「人による」。

27歳でも枯れている人は枯れてるし、
50代でも輝いてる人は輝いてる。
還暦を過ぎても存在が色っぽい人はいるし、
全然若さのない10代だっているわけで。

枯れていくのか、熟していくか。
どちらを選ぶかも、「人による」。
目指せ、熟成赤ワイン!