すてないで… 情報紙の発行を振り返って

タブロイド判の情報紙を自社発行していたことがある。
YouTubeとFacebookが誕生した、2005年頃のこと。


どの世界にも相場があるように
雑誌や情報誌の制作費にも「ページ単価」という相場がある。
そのページ単価から
撮影、ライティング、イラスト、レイアウトデザイン、といった
個々の制作費を割り出す。
時間と頭と技術を使う細かい仕事というのに、いずれもなぜか単価が安い。


長引く不況のせいもあったが、
おもに企業の制作物に慣れてきた異分子としては
雑誌情報誌のページ単価に、なかなか慣れなかった。

とくに関西では、なぜ
ここまで安いのか?と思う破格の数字をたびたび見た。
単価が安ければ、数をこなすしかない。
やってもやっても終わらないなら、
いっそ自社でやってみよう、と勢いで
情報紙の創刊に踏み切った。
投資の世界と違い、下がり続ける相場が戻ることは、ないのだ。

ところが。
情報紙は、紙でできた印刷物である。
この「印刷コスト」がまず高い。
設備産業だから仕方ないところもあるが
折込や駅撒きといった配布コストを合わせると、
1枚単価は結構なものになる。
それなのに、職場でも自宅でも、
整理整頓&大掃除できまって一番捨てられているのが
「紙のゴミ」つまり、印刷物なのである。
捨てられる消耗品を作っているような気分だった。

支出から逆算すると、外注制作費などとても捻出できず、
結局、自分たちで取材して、撮って書いてレイアウトしていた。
コストをやりくりするしかないわけだ。
「なぜ安い?」という疑問など早々に吹っ飛び、
片手に情熱、片手に電卓を持って、意地で発行していた。

だから毎号、切実な想いを込めていた。
捨てないで、と。

捨てないで。
読んで。
せめて、読んでから捨てて。

世に送り出す、ということは、たとえ無料でも批判の的にもなる。
中には落ち込むような意見も受けたけれど
「全部読んでしまった」
「面白い」という声には励ましをいただいた。
(それも切手代を払って郵送してくださる!)

お金のためではなく、
表現を、世に出してみたかったのだ。
その情報紙はやがて、本づくりに形を変えていったが、
請負制作を続けていては決してわからない経験だった。
ギャラが安い、と言う前に
他社にとって「コスト」に見えるものは削る工夫をすべきだし、
「投資」とみなされる制作物にこそ、関わっていたいと思った。
お金をいただいて制作していた側から
身銭を切って、毎月数十万というお金を捻出するのだ。
クリエイティブへの姿勢も違うし、
冷めた人が一人でもいれば創れない。
なにせ発注者がいないから、文句をいう相手も暇もない。

「捨てないで」という想いは、いつも、
思いっきり込めてクリエイティブを手がけている。