サザンオールスターズ「私はピアノ」桑田佳祐さんの作詞シーンを妄想してみる

サザンオールスターズの「私はピアノ」は
カラオケで人気の昭和の失恋ソングである。
「私はピアノ」の歌詞は、大恋愛中に突然振られた女が、
幸せだった日々を延々とつづり悲しみに浸る構成である。


1980年に発売されて
高田みずえさんがカバーしたヒット曲だが、
サザン・オールスターズの「私はピアノ」バージョンでは
原由子さんが歌うメランコリーな歌詞の途中に、
いきなり不思議なシーンが間奏に挟まり
こんな言葉が登場する。

「そんなこと、知るかいな」。

なぜ、この歌詞のここに唐突に! 違和感ありあり!

しかも他人に言われる台詞ではなくて
自分で自分につっこんでいる台詞なのだ。
これぞ桑田佳祐さんの作詞、
サザンオールスターズがコミックバンドといわれた時代もあるが、
作詞中のドラマを妄想してしまう。

〇夜更けのバー

終わった恋に酔い、いつまでも泣いている女。
閉店時間が迫るが、もう一杯だけ、と涙をすする。

優しく酒を供し、
カウンターの中でグラスをふくバーテンダー。

女 「私、この先
どうやって生きていけばいいの…」
男  …。(そんなこと、知るかよ。終電なくなるぞ)


これでもか、という言葉を並べて作詞中、
桑田さんが急に「素」に戻ってしまい、
クールに見直して、本音をふりかける姿が浮かんでしまった。
たかが歌詞じゃねえか、こんなもん、と。

 私はピアノ  作詞作曲:桑田佳祐

人も恨やむよな仲が いつも自慢のふたりだった
あなたとなら どこまでも ゆけるつもりでいたのに
突然の嵐みたいに 音を立ててくずれてく
涙が出ないのはなぜ 教えて欲しいだけさ

あなたから目が離せない
ふたりして聞くわラリー・カールトン
日だまりの中で抱かれ いつしか時の徒然に
思い出に酔うひまもなく 心から好きよと云えた
あの頃がなつかしくて 何もかも

アナタがいなければ 1から10までひとり
言葉もないままに生きてる
くりかえすのはただlonely play

思いきり感じたままに見せるしぐさやさしくて
言葉じゃなくて態度で 解り合えてもいたのに
男の人なら誰でも 細い肩を抱けばわかる
夜が恐いよな女にゃ それでいいのよすべて

おいらを嫌いになったとちゃう そんなことないわいな
あっそう!この先どないせというのジャジ
そんなこと知るかいな

辛いけど涙みせない 雨の降る夜にはビリー・ジョエル
情けない女になって しまいそな時には サンバ
ためいきが出ちゃうよな恋 静かに抱きすくめられて
焼けた素肌が今でも なつかしい

ひとしきり泣いたら 馬鹿げたことねと思う
ピアノに問いかけてみたけど
ピアノに問いかけてみたけど
くりかえすのはただ lonely play lonely play


 ※(文 / 真柴 マキ )