思わぬ国際都市体験、働く外国人を悩ます日本のメニューとは

乾物を買いに行った上野のアメ横で
鉄板で焼けたソースものが食べたくなり
近くに見つけたもんじゃ焼きのお店に入った。

イラッシャイマセ!と威勢のよい、たぶん中国人の店員さん。
焼キカタ、ワカリマスカ、と聞かれて
わからない、というと、
焼きに来たのは東南アジア系女子だった。

もんじゃ焼きイラスト 組立通信LLC.

ヘラを器用に使って、
丁寧に焼かれていくもんじゃ焼きを待つ間、
まだ10代かもしれない、
あどけなさが残る顔を見ていて、尋ねてみたら、
ミャンマーから出稼ぎにきている、という。

ほんの数年前まで軍事政権が支配していたミャンマーは
経済成長の著しさを取り上げて報道されているが
人口700万の最大都市ヤンゴンでも
郊外では水道も電気も整っていない、と聞いたことがある。

遠く離れた日本にきて、言葉も違う場所で働く心細さを想像しつつ、
日本語には慣れたかと尋ねてみると、首を横にふり
「ムズカシイ、オ酒トテモ」という。

確かに…日本ほど、
ドリンクメニューが多い国はめずらしい。
それも、庶民的な飲食店でも、
独立したドリンクメニューが別冊にあるほど。
サワーにチューハイ、梅酒にワイン、
ジンにリキュールにウィスキー…
さまざまなお酒があって、かつ飲み方もいろいろだ。

神田のあるチェーン居酒屋で
アルバイトをしていたタイ出身の男子は
とりわけ焼酎や日本酒の名前が難しくて
覚えられないと苦戦していた。
そういえば日本人にさえよくわからない
読み方のネーミングが多い。

飲食店で働くのも大変だなあ、と
焼けたもんじゃ焼きを食べ始めると
後ろからハングル語の女性たちの会話が聞こえてきた。
ふと見渡せば、斜め前には
中東っぽい中年男性の二人組。
なんと店内の日本人は、私たちだけだった。

妙に「国際都市」を実感した、昼下がりの上野であった。