写真撮影と動画撮影の違い、きれいに映りたいときに共通するコツ

写真撮影と動画撮影の違いは「絵画的」か「演劇的」か


写真の撮影と動画の撮影は違う。「写真をやってるカメラマンなら動画も撮影できるでしょ」というオーダーが多く、動画撮影にも携わるようになった。でも、写真専門のカメラマンにとっては結構な無茶振りなのである。写真と動画では機材の構造も違うが、同じ「映像」のジャンルでも、写真のカメラと動画のキャメラでは撮影の感覚がまるで違うのだ。


では、カメラとキャメラは何が違うのか?

写真を撮る機材であるスティルカメラは、もともとは「絵画を描くための道具」として誕生した。抽象画ではなく、遠近法を取り入れた細密な絵画を描くための道具である。なので、動かない一枚の絵、絵画的な感覚が根っこにある。
一方、動画を撮る機材であるキャメラは「演劇的」である。「動きのある時間を撮影し」「編集して再生するための道具」である。ある動きの始めから終わりを選び、シーンを切り取り、つないでいく。さらに、映像には「音」も絡んでくる。起承転結や序破急の感覚も必要だ。動画は、その黎明期から演出も加えられていて「演劇的」なのである。
同じ映像のジャンルでも、一枚の絵と動くもの、「絵画」と「演劇」では、感覚がまったく違うのだ。

スマートフォンはもちろん、最近のデジタルカメラではスティル写真も動画もいとも簡単に撮ることができる。素人カメラマンがごく普通に日常の記録を撮り、FacebookやInstagramにサクッと投稿している。そんな時代であるが、カメラマンの友人にはスティル写真専業の者が多い。プロカメラマンには職人肌の専門家が多いので、気負い過ぎてしまうのかもしれない。

写真に綺麗に映るコツ、写真でも動画でもファンデーションにご注意を


今や撮影は特別なものではない。コンパクトカメラはもちろん、携帯電話やスマホで撮影の「写メ」は日常的だし、旅先やイベント、飲み会やパーティーなどで気軽に写真に納まる機会も少なくない。そんな時、とくに女性は、お化粧に気をつけた方がいい。顔だけが、恐ろしや「白塗り仮面」に写っている人が多いのだ。

顔だけが白くても、鏡に向かってメイクをしている最中は意識していないのだろう。しかし、写真に映るなると、顔だけが浮き出てしまう。
なぜか。顔の延長にある首や、顔に添えた手がケアされていないからだ。メイクした顔面と、首や手のコントラストの差が大きくなり、結果、顔だけが白い「白塗り仮面」になってしまう。

写真の「顔だけ白塗り仮面」解消方法を3つご紹介。

1 ◆首や手にも顔と同じ色のファンデーションを塗る
2 ◆顔全体にファンデーションを塗らない。顔の高いところ(頬骨や鼻、額)だけにファンデーションを部分的に塗る
3 ◆暗めのファンデーションを塗る


化粧品には蛍光成分が含まれているものもある。とくにフラッシュを使って撮ると、蛍光成分がよく反応する。本人はナチュラルメイクな薄化粧のつもりが、「すごい厚化粧」に映ってしまうので、くれぐれもご用心を。


 ※( 文 / 福 信行 )