料理の撮影|写真の撮り方は「作って」撮る派か「探して」撮る派か 


料理写真の撮り方 組立通信LLC.

広告系と雑誌系、商業写真の撮影タイプ

商業写真には大きく分けて、広告系の撮り方と雑誌系の撮り方がある。もちろんプロはどちらも撮るが、だいたいこの二派に分かれてどちらかを得意とする場合が多い。

広告系のカメラマンは、スタジオで撮る。セットやライティングを作り込んでから撮る撮影方法を得意としている。食品のパッケージやカタログ、パンフレット、ポスター、ファッションなどの撮影である。時間をかけてきめ細かく作り込んだものを撮るので「フィクション系」ともいえる。

一方、雑誌系のカメラマンは、だいたいロケ先に出向いて撮影する。持ち歩ける程度の機材でセットは組まず、ライティングも自然光や屋内のミックス光だったりと、その時々によってちがう現場主義である。撮影したくない邪魔なものを移動させたり、補助光を使ったりすることもあるが、どちらかといえば対象物の良いところを探して撮る「ノンフィクション系」の撮影である。


ノンフィクション系の動物写真家は念力を送る

もう一派。動物写真家の岩合光昭さんが、動物を撮るときのコツを話していた。猫や犬など、動物の生態を理解して行動を「予測し」、ひたすら忍耐強く「待つ」。そして、いい表情やアクションが撮れるよう、動物に「念力を送る」のがポイントだそうだ。
動物写真家にはとてもなれそうにないが、組立通信の手がける撮影写真は「ノンフィクション系」である。


料理は食べてこそ。美味しい料理は美味しそうに写る


ロケ先の厨房で、撮影中、シェフ渾身の一皿にまさか水滴を吹き付けたり油を塗ってシズル感…などの作り込みなど許されない。出てきたラーメンを盛り付け直したら、店主はムッとくるだろう。料理とは、盛り付けられて供された瞬間が一番美しい「瞬間芸術」でもあるのだ。

料理を作って撮影する時は、だいたいレシピ提案もセットである。ひたすら料理を作り、料理を撮影し、そして食べる。すべてきれいに食べ切って撮影が終了する。
スタジオで広告写真に携わっていたころ、撮影のために作り込んで触りまくった「不自然に光った食べられない一皿」を、撮影終了と同時にゴミ箱に処分する行為に、ついに慣れなかった。食べ物に申し訳ないし、写真に映ったものはもはや食べるものに見えなかった。食べて美味しいものこそ、撮っても美味しそうなはずなのだ。


作り込んだパッケージ写真は、似たり寄ったりで目立たない

探して撮ったノンフィクション系の料理写真は、スーパーマーケットの店頭ツールなどに使うと、意外に効果的である。スーパーマーケットで見かけるパッケージ写真や店頭ツールは、ほとんどがしっかり作り込んだシズル感あふれる広告写真だ。どれもこれも何となく似ていて印象に残りにくい。みんな美形だが見分けにくい、団体で踊っているアイドルグループのようなものだ。
そんな中にノンフィクション系の料理写真が入ると異彩を放つ。見慣れないため気になるのだ。人為的に作り込んで同じような顔をした広告写真を並べても気にも留めてもらえないが、目立つ、という点では、その業界で習慣的にやっている方法はあえて選ばない方がいい場合もある。広告に見えない作り方も、使い方なのである。

 ※( 文 / 福 信行 )