思わぬ民法学習記 ~すごいぞ「ナニワ金融道」!~

ある資格試験のため、学校に通っていた。
カリキュラムの大半をしめる「民法」の
学びのコツがつかめず、入り口からつまずいた。

まず、何を書いてあるの文章なのかがわからない。
判例は日本語には思えないほど、全然読めない。
くじけそうになりながら、「漫画でわかる民法」を本屋さんで入手。
読み進むうちに、いっそ本当の漫画なら理解できるのでは、と
漫画の「ナニワ金融道」を読み始めた。

子供のころ、なぜか世間には
「漫画を読んではいけません」という風潮があふれていた。
「バカになる」「家では漫画禁止!」という
漫画敵視の教育方針をかかげる親が多い中、
両親そろって漫画好きで、子供が買ってくる新刊を楽しみにしていた。
同級生に「このお家はどうして漫画が禁止じゃないの」と尋ねられた母は
「本も漫画もテレビも映画も、見てはいけないものはない」
「大切なのは中身よ」と答えていた。

そして読み始めた「ナニワ金融道」。
きれい…とはとても言えない絵柄、コテコテの大阪弁、
怪しい金融業、キンピカのバブル、ヤクザにチンピラ、
だまされる善人、場末の風俗業、転落していく女性たち…と、
薄暗い社会オンパレードで場末感満々!



えげつなーい事件に人々が翻弄されていく、
面白い、というか「スゴイ」漫画だった。
善意無過失、要素の錯誤、同時履行の抗弁権、
あんなに馴染めなかった民法の言葉が
理解できるようになっていった。

こちらは勉強中、同じく重宝した本↓
「ナニワ金融道 カネと非情の法律講座 」

この「ナニワ金融道」、
長く住んでいた、大阪市の北区がよく出てくる。
西天満の裁判所、北区役所、
見覚えのあるマンションなど。
撮影した写真をそのまま絵にしたような、
細かく描き込まれた背景。
看板の中身まで気になって読んでしまって、血の気が引いた。

「誇大広告社」、「ホテル地獄宿」、
「吸血ファイナンス」、「へんこ寿司」、
「ミス赤貝」、「値切海上保険」、「夜鷹荘」、
「水増総合病院」、「ビジネスホテル カラ出張」…

こんな街、怖すぎるぅ~! 



※ 文:真柴マキ