声のはなし/2●いい声はマイクに乗る「小さくても響く声」 

いい声とは小さくて響く声


いい声とは、大きくて響く声ではなく、
小さくて響く声のことをいう。
そして、響かない声は、マイクに乗らない。
マイクの振動板をゆさぶる音圧が足りないので、
音声データで見ると、波型がとても貧弱だ。

日本語の発声は、
唇や口の中の空間を意識しなくても
口を開けなくても、しゃべることができる。
英語や韓国語やフランス語を
口腔空間を使わずに発声すると
カタカナ英語になってしまう。
日本語はとても腹話術に向いている言語なのだ。
何を言ってるのかわからない政治家の重鎮に
鼻の下が長い人が多いのは、
筋肉を使わないしゃべり方で筋肉がたるんでいるのかもしれない。

この「唇と口腔空間を使わない声」は、
「音圧」、つまり空気を揺さぶるエネルギーが
足りないからマイクが拾わない。
これが「マイクに乗らない声」の原因である。


小さくてもよく響く声を「いい声」というが
声の響きを作るのは、口ではなくて、身体の空間と息である。
音圧のある声は、身体に響く場所が多い。
それは、身体をしなやかに使う全身運動でもある。

身体がかたい人は、声もかたい


声が固い人は身体も固い。
肩や首や背中がカチカチに凝っていて
声だけ響く人はそういない。
声を飛ばす支えの筋肉である、
横隔膜や腹斜筋を使っていないため、呼吸も浅い。
肩凝りは日本人に特有というが、
日本語は身体がカチカチで声が響かなくても発音できるのだ。
だから日本人には肩凝りが多いのではないだろうか。

発声のトレーニングで痛感したが、
デスクワークで長時間文字を見たり、
イラストを描く仕事をしていると、
「息を止めている」時間が長いのだ。
声を出す前に、まずは身体をほぐして
深呼吸で空気を入れる。
カラオケなどでも、いきなり歌うのではなく
手を組んで前に付きだし、背中や肩甲骨を丸くのばす、
という水泳前のような準備運動をいれると、声の出方が違う。