笠置シヅ子「買い物ブギー」の歌詞にみる、大阪弁の使い方と活かし方


笠置シヅ子 買い物ブギー イラスト

1950年に発売された歌謡曲「買い物ブギー」は
笠置シヅ子さんが炸裂の大阪弁で
40品目をまくしたてながら買い物をする「ほたえてる」歌である。

「買い物ブギー」の歌詞に、こんな台詞が登場する。

♪ チョット オッサン、こんにちは
チョット オッサン、これなんぼ?

オッサン、オッサン、これなんぼ?
ちょっと オッサン、これなんぼ?


ちょっとオッサン、これ、すごい歌詞である。
日本語はリズム感が乏しいのに、
リズムも音も、はねている。
大阪人のよく使う「これ、なんぼ?」が
不思議と歌として成立しているのは、
大阪弁だからこそだろう。

買い物ブギーのサビの歌詞を標準語にしてみると

「おじさん、おじさん、これいくら?
ちょっとおじさん、これいくら?」

それで、どうしてん…という感じで、歌詞にもお話にもなってくれない。

ちなみに関西、特に大阪でおじさんに呼びかけるならば
俄然「オッサン」ではなく「おっちゃん」である。
「オッサン」なら間違いなく
無事にはすまされない目に合うはずだ。
そう、「オッサン」とは、自分で自分を貶める自虐ネタであり、
人に向けるならさげすみの言葉なのである。

その「オッサン」を歌詞に使って連呼させ、
45万部もの大ヒットにした服部良一さんは
『蘇州夜曲』『山寺の和尚さん』『青い山脈』などの
数々の名曲を手がけた大作曲家である。
作詞時は ”村雨まさを” というペンネームだが
『買い物ブギー』は作詞も作曲も服部良一さんなのだ。
それも、大阪は天王寺のご出身。
上方落語をヒントに生まれた歌というが
ネイティブゆえのこの選語センス!
これが日本中で大ヒットしたというのだから
大阪弁も使いようなのだ。

大阪に行ったら、ぜひお店でおっちゃんに
「ちょっと、オッサン、これ、なんぼ?」と
呼びかけてみてほしい。
たぶんかなりの確率で
「なんやと!誰がオッサンやねん!!お兄ィちゃん言え!」
との返事が返ってくるはずだ。

ホンマに、よぅ言わんわ…。
買い物ブギ 歌詞  歌/笠置シヅ子

今日は朝から私のお家はてんやわんやの大さわぎ
盆と正月一緒に来たよなてんてこ舞いの忙しさ
何が何だかさっぱりわからず どれがどれやらさっぱりわからず
何もきかずにとんでは来たけど 何を買うやら何処で買うやら
それがゴッチャになりまして
わてほんまによう云わんわ わてほんまによう云わんわ

たまの日曜サンデーと云うのに 何が因果と云うものか
こんなに沢山買物頼まれ ひとのめいわく考えず
あるもの無いもの手当り次第に ひとの気持も知らないで
わてほんまによう云わんわ わてほんまによう云わんわ

何はともあれ買物はじめに魚屋さんへととびこんだ
鯛に平目にかつおにまぐろにブリにサバ
魚は取立とび切り上等買いなはれ オッサン買うのと違います
刺身にしたならおいしかろうと思うだけ
わてほんまによう云わんわ わてほんまによう云わんわ
鳥貝 赤貝 たこにいか 海老に穴子にキスにシャコ
ワサビをきかせてお寿司にしたなら
なんぼかおいしかろ なんぼかおいしかろ

お客さんあんたは一体何買いまんねん
そうそうわたしの買物は
魚は魚でもオッサン鮭の缶詰おまへんか
わてほんまによう云わんわアホカイナ

丁度隣は八百屋さん
人参大根にごぼうに蓮根ポパイのお好きなほうれん草
トマトにキャベツに白菜に胡瓜に白瓜ぼけなす南瓜に
東京ネギネギブギウギポタンとリボンとポンカンと
マッチにサイダーにタバコに仁丹
ヤヤコシヤヤコシヤヤコシヤヤコシ
アアヤヤコシ

チョットオッサン今日は
チョットオッサンこれなんぼ
オッサンいますかこれなんぼ
オッサン オッサンこれなんぼ

オッサンなんぼでなんぼがオッサン
オッサン オッサン オッサンオッサン
オッサン オッサン オッサンオッサン
オッサン オッサン オッサンオッサン
わしゃ 〇〇〇で聞こえまへん
わてほんまによう云わんわ
わてほんまによう云わんわ

そんなら 向かいのおばあさん
わて忙しゅうて かないまへんので
ちょっとこれだけ おくんなはれ
書付渡せば おばあさん
これまた 〇〇〇で読めません
手さぐり半分 何しまひょ
わてほんまによう云わんわ
わてほんまによう云わんわ
ああしんど

(作詞:村雨 まさを 作曲:服部 良一)
※現代では不適当とされる言葉があり、その部分は〇〇〇表記といたしました。


 ※( 文 / 真柴 マキ )