笠置シヅ子の「買い物ブギー」にみる、関西弁の活かし方


笠置シヅ子 買い物ブギー イラスト

1950年に発売された「買い物ブギー」は
笠置シヅ子さんが炸裂の大阪弁で
40品目をまくしたてつつ買い物をしていく歌である。

歌詞の中に、こんな台詞が登場する。

♪ チョット オッサン、こんにちは
チョット オッサン、これなんぼ?

オッサン、オッサン、これなんぼ?
ちょっと オッサン、これなんぼ?


すごい歌詞だ。
日本語はリズム感が乏しいというのに、
リズムといい音といい
歌として成立しているのは、
関西弁だからこそだろう。

※外部リンク:「買い物ブギー」全歌詞

試しに標準語にしてみると

「おじさん、おじさん、これいくら?
ちょっとおじさん、これいくら?」

歌詞にも、お話にも、なってくれない。
で、どうしてん…という感じか。

ちなみに関西、特に大阪で
おじさんに呼びかけるならば
俄然「おっちゃん」である。
「オッサン」なら間違いなく
無事にはすまない目に合うはずだ。
そう、「オッサン」とは、自虐ネタ、または
さげすみの言葉なのである。

それを歌詞に使って連呼させ、
45万部もの大ヒットにした服部良一さんは
『蘇州夜曲』『山寺の和尚さん』『青い山脈』と
数々の名曲を手がけた大作曲家である。
作詞は ”村雨まさを” というペンネームだが
『買い物ブギー』は作詞も作曲も服部良一さんなのだ。
それも、大阪は天王寺のご出身。
上方落語をヒントに生まれた歌というが
ネイティブゆえの選語センス!
これが日本中で大ヒットしたのだから
大阪弁も使いようなのだ。

大阪に行ったら、ぜひ
お店のおっちゃんに
「オッサン、これ、なんぼ?」と
げんって呼びかけてみてほしい。
たぶんかなりの確率で
「誰がオッサンやねん!お兄ィちゃん言え!」
との返事が返ってくるはずだ。

ホンマに、よぅ言わんわ…。

 ※( 文 / 真柴 マキ )