「人材の関東流出を食い止めよう」?問題とメトロの英語サイト誤訳問題

起業の地である大阪で、よく「東京への流出を避ける施策」とか
「地元でもっとがんばろう」とかいう
クリエイター流出問題を耳にした。


国勢調査を基にした都市圏人口によると
大阪都市圏(1205万人)は、1位の東京都市圏(3530万人)に次ぐ2位で
3位の名古屋都市圏(576万人)の、実に2倍の人口規模である。
※2015年国勢調査


大阪は住みやすい。
きれいな街とはいえないが、
物価は安いし食べ物はおいしい。
でも、ある講演で聴いた、
「関西の文化には、クリエイティブを評価する組織や能力がない」
という言葉は妙に腑に落ちた。
「クリエイターの問題」ではなく、
そもそも「文化にない」のだ。

東京はマーケットサイズが全国規模なので
人口だけで「VS東京!」などと比べられるものではない。
ところが大阪人にはなぜか、地方都市意識が、ない。
スポーツのように「目指せ全国大会!」
「大阪からもっと送り出せ!」なら、
問題でさえないのだけれど。

大阪は、極めて物質的である。
仕入れて売って利益を得る「商売の街」では、
原価に「見えないもの」は含まれない。
時代の価値観が物質から情報へと変わっても、
「ソフトにお金を払う」という習慣が、そもそもない。
ソフト、つまり「考える」のは「タダやん」という意識が根底にある。

一時ネットで話題になっていて閉鎖された、
大阪メトロの英語サイト誤訳問題
「Microsoftの自動翻訳ツールによる翻訳」を「そのまま掲載」という流れこそ
地方人の典型的な「タダやん意識」ではないだろうか。

「翻訳? プロに頼んだらなんぼ? 高っ!」
「パソコンに自動翻訳ツールあるやん」「それでいっとき」

そうして御堂筋は「御堂マッスルライン」に、
天神橋筋は「テンジンブリッジマッスル」に、
天下茶屋は「ワールドティーハウス」になった。
これはこれで漫才のネタみたいだけれど、
あれだけ便利でお世話になった交通機関だけに、笑えない。
自分の職業がもし翻訳家だったら、
上位を目指して出場していたマラソン大会を
途中で棄権したくなるほど傷ついただろう。
日本一の地方都市がこうなのだ。各地ではどうなのだろう?

料理研究家の枝元なほみさんが
呼ばれた地方の仕事先で「予算が厳しいから」と交通費だけを提示されて
「ボランティアなら、なぜ最初にタダと言わないのだ」と
憤った件を本に書かれていたが、
自分の仕事を価値のないように扱われるほど、傷つくことはない。

デザインするのも翻訳するのも
料理をするのも「職業技術」だし、
「考える」のは、タダじゃない。
タダの仕事はありえない。

人工知能にお金を出せても、
人の知能に価値はないのだ。
世代交代でいつしか変わっていくだろうが、
見えないものに価値を感じる組織能力を育ててこその
文化やクリエイティブではないかと思う。

ちなみに大阪は、存在感は抜群だけれど
面積でみると47都道府県で2番目に小さい。
それも海上に関西国際空港ができるまでは、
最下位でいちばん小さい47位だった。
小粒だけれどピリリとカラい街なのかもしれない。

 ※( 文 / 真柴 マキ )