仕事ができる人の特徴、超シンプルな共通点


休止していた案件を再開したら、担当者が替わっていた。
WEBで探した企業への外注で、
覇気のないかみあわないメールのやりとりにくじけたが、
先払いでキャンセルもできずにやむなく休止にしていた。


ある日、和食店のお通しに
菜の花とホタルイカが出てきた。
ふと、その案件の発注を決めた時、同じその店で
おでんの大根をほくほくと食していたことを思い出した。
先送りしているうちに、すっかり季節が変っている…。
早く終わらせよう、と再開することに。

ところが新しい担当者さん、
同じ会社の人とはとても思えない仕事っぷり。
「この案件、どうなってますか」と聞きたくなることもなく
さくさくとメールだけで進み、進行上のストレスを感じない。

クーポンサイトで集客をしている美容サロンのオーナーさんが
「同じ会社でも、営業担当者がかわると
ストレス度が見事に違う」といっていた。
何が違うのか、というと「対応の速度」という。

サロンのように、客ひとりに接する時間が長い仕事は、
接客以外にさける時間はあまりない。
何かと電話好きな営業マンもいるが、
電話は「時間を取られる存在」であり、
空き時間にメールチェックすると
返事が届いている、というのが「できる担当者」の特徴だそうだ。
担当者の対応速度が遅すぎてキャンペーンが遅れ、
商機を逃したこともあったらしい。

あるクライアント企業の食品メーカーは、
チェックバックがとにかく速い。
担当部署はじめ、リーガルチェックもほぼ「即レス」状態で
毎回さくさくと完パケデータの納品となる。
大企業特有の、連日打合せに追われた超過密スケジュールというのに、
一日を観察してみたいほど、
「仕事を溜めない術」が身に着いている。
全員が営業経験者であることも大きいけれど、
制作業は、どうしても制作中は
人とのやり取りは2番目になりがちだから
深く深く反省してしまう。

繁盛している飲食店は、ドリンクとつきだしが出てくるのが速い。
最初のオーダーはもちろん、おかわりのドリンクも速い。
もちろん片付けにくるのも速い。
ドリンクを運んできたスタッフは手ぶらでは戻らず、
ついでに空いたお皿を下げ、追加オーダーをおすすめし、
いい速度を保って「回転して」動いている。
料理が速いと滞在時間は短くなり、回転率も上がる。
そういう繁盛店では、たとえ口開けの暇な時間であっても
ガラスを拭いたり椅子の並びを確認したりして
何かしら仕事をしている。
ぼーっと立っているだけのことはないし、
まして店頭に立って入り口をブロックして呼び込み、などの
無駄な行為もしない。

止まっているものに、何かを動かす力はない。
速い動きには、それ自体がエネルギーを発生させる力がある。
特殊な能力ではなく「速さ」が
業界を問わず「できる人の特徴」で、共通点かもしれない。