妄想執筆 受け身すぎる朝ドラの主役をいたぶってみる

朝ドラ「なつぞら」のなっちゃんを観ていると
高校生活あたりから、どうも物足りない。
こういうシーンが、多すぎる。


なか「なっちゃん、もう一度、動画の試験を受けてみないか?」
なつ「本当ですか! ぜひお願いします!」


甘い。ヒロインなのに、受け身すぎる。
実生活でこんなことはほとんどない。



控え目なのは仕方ない。
でも路上でたくましく生きてきた戦災孤児なのに、
あまりにも、次々と出てくる、
まわりからのお膳立てと救いの手。
男前のわき役たちが、
「頼んでもないのに」手を差し伸べてくれる。

大石静さんや橋田寿賀子さんなら、
もっともっと主役をいじめて、
いや、いびり倒しているはずだ。
稀代の女性脚本家になったつもりで、書き換えてみた。

なつ「お願いです、また試験があると聞きました。
私にもう一度チャンスをください!」

なか「だめだ、そんな下手なラインの表現で、
プロとしてやっていけると思うのか?」

なつ「あれから毎晩、勉強しました!
今の私に書けるラインを
一目でいいから見てください!」

しぶしぶ独学のラフ作品を受け取るが
急に上司によばれ、打合せ机においたラフ作品が
ゴミ箱にすべり落ちてしまう。
掃除のおばさんに焼却炉で燃やされるラフ。
なつ、涙にくれながらまたペンをとる。

徹夜で描きなおし、
うたた寝をしていると、電報が届く。
故郷の彼が落馬し、即死したという知らせ。

なつには、もう、絵を描くことはできなかった。
やさぐれておでん屋のカウンターに立つ姿。

と、そこに現れたのは…!
(つづく)



なんだか宮藤官九郎さんっぽくなってきた。

以前に大石静さんがインタビュー記事で
「人が観たいものを書け」といわれていたが、
かわいいあの子に無駄な苦労を次々にさせて、
たくましく育つ姿こそ、観てみたい気がする。

ヒロインは、試練の連続なのだ。

 ※(文 / 真柴 マキ )